言語商会

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
snow:t21 [2021/09/07 12:42]
admin 作成
snow:t21 [2021/09/07 20:04] (現在)
admin
行 1: 行 1:
 +[[:|言語商会]]>[[:lab:|旧研究室]]>[[:SNOW:|SNOW]]
 +~~NOTOC~~
 +
 ===== SNOW T21:「れる/られる」語義付与テキスト ===== ===== SNOW T21:「れる/られる」語義付与テキスト =====
 === Name in English === === Name in English ===
行 19: 行 22:
  
 === ダウンロード === === ダウンロード ===
-  * [[https://filedn.com/lit4DCIlHwxfS1gj9zcYuDJ/SNOW/T21-2019.2.1.xlsx|Excelワークシート(.xlsx)]] (2019年2月1日公開)+  * [[https://www.jnlp.org/cgi-priv/download.cgi?id=SNOW/T21|Excelワークシート(.xlsx)]] (2019年2月1日公開)
   * 1ページ目の語義付与テキストには、1列目に関連文献でどのように使用したかを記載しています。「開発」は辞書構築で、「評価」は実験で使用されたデータとなっています。2列目に文、3列目以降に動詞と「れる/られる」の組み合わせ及びその意味が記載されています。   * 1ページ目の語義付与テキストには、1列目に関連文献でどのように使用したかを記載しています。「開発」は辞書構築で、「評価」は実験で使用されたデータとなっています。2列目に文、3列目以降に動詞と「れる/られる」の組み合わせ及びその意味が記載されています。
   * 2-4ページ目の辞書については1列目に動詞と「れる/られる」の組み合わせ、2列目以降に可能及び尊敬の意味で用いられるときの直前の係助詞、格助詞が記載されています。   * 2-4ページ目の辞書については1列目に動詞と「れる/られる」の組み合わせ、2列目以降に可能及び尊敬の意味で用いられるときの直前の係助詞、格助詞が記載されています。
行 30: 行 33:
  
 === 関連文献 === === 関連文献 ===
-  * 福嶋 真也, 山本 和英. 助動詞「れる」「られる」の自動意味判別. 言語処理学会第25回年次大会, (2019.3) +  * [1] 福嶋 真也, 山本 和英. 助動詞「れる」「られる」の自動意味判別. 言語処理学会第25回年次大会, (2019.3) 
-  * 福嶋 真也. 助動詞「れる」「られる」の自動意味判別. 長岡技術科学大学課題研究報告書 (2019.3)+  * [2] 福嶋 真也. 助動詞「れる」「られる」の自動意味判別. 長岡技術科学大学課題研究報告書 (2019.3)
  
 === フィードバック === === フィードバック ===
 (感想・要望・情報提供)