言語商会

言葉への思い

カタカナ語を減らそう

  • 明治時代に先人は多くの外国語を日本語に翻訳した(科学、時間、冒険、恋愛、権利、常識など。下記資料を参照)。また、これらの一部は中国に輸入され、中国語としても使われている。
  • 最近は訳語を作らずにそのままカタカナ語として使っている場合が多い。
  • 中国語は今も電脳(コンピュータ)や手機(携帯電話、スマホ)など、翻訳を続けている。
  • カタカナ語を撲滅すべきとは思わないが、必要のないカタカナ語は使わないようにしたい。
 (感想・要望・情報提供)