研究業績‎ > ‎

解説記事・寄稿原稿

(学会や雑誌等から執筆を依頼されて寄稿した学術原稿のリストです)

13. 山本 和英.  コンピュータはどうやって要約するのか?新幹線要約における自動要約の技術.
  要約筆記問題研究, 第29号, pp.21-27, (特非)全国要約筆記問題研究会 (2018.3)

12. 山本 和英. 箱庭言語処理-2千語の言語空間における言語処理の意義.
  JAPIO YEAR BOOK 2017, pp.342-345, 日本特許情報機構 (2017.11) [PDF]

11.  山本 和英. 知識を書こう.
  自然言語処理, Vol.24, No.4, pp.521-522, 言語処理学会 (2017.9) [PDF]

10. 山本 和英. 日本語処理を容易にする活用形態素の提案.
  JAPIO YEAR BOOK 2016, pp.118-123, 日本特許情報機構 (2016.11) [PDF]

9. 山本 和英, 鄭 育昌日本語校正.
 (特集「自然言語処理技術の現状と展望エラー分析プロジェクトを通して[翻訳,文作成支援,対話]3.15
  情報処理, Vol.57, No.1, pp.38-39, 情報処理学会 (2016.1) [PDF]

8. 山本 和英. 日本語の表記ゆれ問題に関する考察と対処.
  JAPIO YEAR BOOK 2015, pp.202-205, 日本特許情報機構 (2015.11) [PDF]

7. 山本 和英. 自然言語処理が産業日本語の作業低減に貢献するために-保険関連文書に対する自動校正の事例の紹介-
  JAPIO YEAR BOOK 2014, pp.278-281, 日本特許情報機構 (2014.11)  [PDF]

6. 山本 和英. 全文を翻訳しようとしない機械翻訳-ワードグラフによる部分的機械翻訳の試み-.
  JAPIO YEAR BOOK 2013, pp.276-279, 日本特許情報機構 (2013.11)  [PDF]

5. 山本 和英. 研究者のための研究会であるために言語理解とコミュニケーション研究会の改革.
  情報・システムソサイエティ誌, Vol.17, No.4, pp.19-20, 電子情報通信学会. (2013.2)  [PDF]

4. 山本 和英. 保険関連文書間の自動対応付け. 
  JAPIO YEAR BOOK 2011, pp.274-279, 日本特許情報機構 (2011.11)   [PDF]

3. 張 玉潔,  山本 和英. 中国語のコンピュータ処理についてコンピュータによる中国語処理の発展と課題
  漢字文献情報処理研究, Vol.6, pp.102-109, 好文出版 (2005.10)

2. 山本 和英. 要約技術と検索技術 (特集 インターネット検索技術と日本語研究). 
  日本語学, Vol.23, No.2, pp.60-68, 明治書院 (2004.2)

1. 増山 繁,  山本 和英. テキスト自動要約における新たな展開と展望統計的方法、換言処理、そして...
  情報処理, Vol.43, No.12, pp.1310-1316, 情報処理学会 (2002.12)

Comments