英語

English communication

一般的に使う単語や表現…を中心に?…まだ未定かも。

English mail to friends

私が友人とmailをしていて、よく使う表現とかを書きたいです。
…なぜなら、いつも同じ単語や表現でつっかかるから(--;

Expression

please keep in touch.  連絡を取りつづけようね。
do your best.      がんばってね。
nice to meet you.    はじめまして。よろしくね。

省略が多くなることも注意しなければならない。
私も対友人で省略を使っていたから、ちゃんとしたmailのときは気を付けなければならない。

Omission

you = u
you are = u r
your = ur

ここらは特に多い。空気を読むべし。

I = i
See you. = 4 u
Btw = By the way…ところで。

シーorシと発音するものに4が使用されることがあり。トゥー(too, to)も2で、ユーもuで、アーもrだしね。
基本的に読み方で行くから声に出してみるとわかる。
あと、you'reとかの'も省略傾向にあるかも。

見つけたからmixiのnewsよりw↓↓

HRU? = How are you?
 ↑複合技w
PLS = please
 ↑こっちよりplzの方が使われる気がする…
thx = thanks
OMG! = oh my god!
lol(LOL) =Laugh Out Loud…日本での(笑)と同じ意味。
JK! = just kidding

さすがmixi!良く使うのも載ってる!!lol
ついでに、マレーシアは母音を抜く傾向にある。
makan = mkn

こんなんもあった!!→http://eigo.zatunen.com/ryaku.html

Lab's Seminar

NLP(Natural Language Processing)的な英語でしょうか。ゼミや資料作成時に使った単語とか。
ただ、調べて使ってはいるが、よく使う単語でない可能性あり。よって変更の可能性もあり。

つか探してみると、言語情報処理用語集なるものが「言語情報処理ポータルサイト(Natural Language Processing Portal Site)」なる場所にあった。忘れる前にめもめも。
http://nlp.kuee.kyoto-u.ac.jp/NLP_Portal/glossary/index.html

Word

ココの構成方法についてはまだ考え中…。

英単語帳

英ゼミ資料作成用

敬語表現 honorific form
 尊敬語 respect expression
 謙譲語 humility expression
 丁重語 courteous expression
 丁寧語 polite expression
係り受け関係 dependency relation
分かち書き word segmentation
属性 property
主語 subject
動詞 verb
 自立動詞 content verb
助詞
 主格 subjective case
 所有格 genitive case
 目的格 objective case
省略 omission
補完 complement

階層 hierarchical
 下位語 hyponym
 同義語 synonym
 上位語 hypernym
統計的 statistical
識別 discrimination
関係 relation
共起 co-occurrence
構文 syntactic
未知語 unknown words
事典 encyclopedia
見出し語 entry word
仮定 presumption
分類する classify
4分割交差検定法 4 fold cross validation
直観 intuition
満足する satisfy
明確な definite
量的な quantitative
複雑さ complexity
付属語 dependent word
活用形 conjugation
総称 general term
~かどうか whether

Expression

following と as followの使い方(英語文法検索より)

  • following 「以下(の文)」
  • 名詞として
例:I'd like to know the following.
例:Please read the following.
  • 箇条書きの例:
I'd like to know the following:
How much is it?
Where can I buy one in Japan?
Can I pay with a credit card?
  • 形容詞として
例:the following month
  • as follows「次の通りです」
例:The reasons are as follows.
例:The results are as follows: First was Tom, then Ben, then Pat.
リストする時や箇条書きなどに使うことができます。

※箇条書きはどちらでもOKだけど、リストするときはas followsを使う!

goとcomeの使い方

  • come
to move to or towards the person who is speaking or the place that sb is talking about
*Could you come here a minute, please?
*She asked me to come at once.
  • go
to move or travel from one place to another
*to go to the cinema/shops/bank
*to go somewhere by bus/train/boat/plane
*He's going abroad (= to anther country).

(↑oxford英英辞典)

授業で先生が言ってたやつw
go=行くとcome=来るってだけでなく、疑問文と関連してくると、その概念が大切ですね。

I don't understand.とI can't understand.

もしも相手が何を言ってるかわからないときはdon'tの方がよい。
can'tは理解できないと決めてかかっている感じなので、よくない。…って友達に教えてもらった!
ただ、どうしても腑に落ちないってときはcan'tでもいい。…ってネットで調べたら書いてた!!!

その他

格(case)・格助詞(particle)

日本語と英語では格のとらえ方が違う。
※以下の説明文はwikipedia参照…Wikipedia_格文法

深層格

英語におけるcaseとは深層格を示す。これは全ての言語に共通した、文意を表現する格であり、以下の8種がある。

  • 動作主格(Agent)
  • 経験者格(Experiencer)
  • 道具格(Instrument)
  • 対象格(Object)
  • 源泉格(Source)
  • 目標格(Goal)
  • 場所格(Location)
  • 時間格(Time)

表層格

日本語の表層格は以下のものをとる。

  • ガ格 - 「〜が」という形式で文に現れる。
  • ヲ格 - 「〜を」という形式で文に現れる。
  • ニ格 - 「〜に」という形式で文に現れる。
  • カラ格 - 「〜から」という形式で文に現れる。
  • ヘ格 - 「〜へ」という形式で文に現れる。
  • ト格 - 「〜と」という形式で文に現れる。
  • ヨリ格 - 「〜より」という形式で文に現れる。
  • マデ格 - 「〜まで」という形式で文に現れる。
  • デ格 - 「〜で」という形式で文に現れる。

ガ格は主格であり、subject caseと訳すが、ヲ格・ニ格は何て訳そう…(独り言です。あとで調べてみます。)
英語は単語の位置でそれが何に当たるかを決めるが、日本語は格助詞を見てそれが何に当たるかを考える。

Comments