最低限の必要知識

本大学内での他のPCへのつなぎ方
ssh [UserName]@[PCName].nagaokaut.ac.jp

例えば、ユーザー:mikami , 接続先:lab-server ならば、
ssh mikami@lab-server.nagaokaut.ac.jp

この時「本当に繋いでいいか?」みたいなメッセージが出て来る時がある。その時は、
yes
で問題ない。

もし「鍵が違うよ」みたいなメッセージが出てきて接続ができない時には、次のコマンドでその鍵をリセット(known_hostsの削除)出来る。
ssh-keygen -R [host名]  
例:ssh-keygen -R lab-server.nagaokaut.ac.jp

接続を解除したい場合は
exit

計算機にアクセス出来ているか確認したい時は、以下のコマンドでCPU情報が確認できるため、計算機リストと照らし合わせる。
cat /proc/cpuinfo
※cat:ファイルの内容を表示するコマンド。 「proc」フォルダの中の『cpuinfo』という名前のファイルの中身を表示させているだけ。

Homeディレクトリ(普段使用している場所)では5GBの容量しか使えないため、大容量のファイルを使用したい場合は、Labディレクトリを使う。
Labディレクトリに容量制限はない(物理的なHDD要領の制限はあるが)、しかし各個人のPCからは接続不可。
計算機サーバーからでしか、Labにアクセスできない。そのため、Labディレクトリを使う時には、どこかの計算機サーバーに入る。

端末(ターミナル)の基本的なコマンド
※C  :今後Ctrlの意味 (C-x ←Ctrl+xの同時押しの意味)
cd    :Change Directoryの略で、ディレクトリ操作を行う。
cd .. :一つ前のディレクトリ に戻る
cd /home/UserName   :絶対パス(現在どこのディレクトリにいても、このディレクトリに移る)
cd UserName            :相対パス(現在「home」ディレクトリにいる時に、その中に「mikami」が在れば移る)
pwd     :現在いるディレクトリ のパス表示
ls        :現在いるディレクトリにあるファイルの表示
ls -1    :一列に表示
ls -a    :隠しファイルも表示
ls -alsh :ファイル詳細(権限関連)
C-l  :ターミナル画面クリア

chmod [a,u,g,o, (権限を与える人選択)][+,-(権限を与える,奪う)]x [FieName].py :ファイルの権限書き換え(詳細はhelpを参照)

emacs の操作方法
emacs [FileName].[拡張子] :emacsでファイルを作成、開く。
C-x C-s :保存(Ctrl+x+s)
C-x C-c :終了(Ctrl+x+c)
C-x 1:画面分割無し
C-x 2:画面分割横
C-x 3:画面分割縦
C-x o:画面分割時、カーソル移動
 
2画面で片方を違うファイルを開きたい 、開きたい画面のほうにカーソルがある状態で
C-x C-f
ディレクトリを聞かれるので、新しく作るか、開くか。
 
作業環境のまま、コンパイルを行う(emacsを抜ける)
C-z :emacsから抜ける
fg   :emacsに戻る

Pythonの実行
通常は、次で実行可能。
python [FileName].py

※pythonのプログラムの最初に以下の2行を追加する。
#!/usr/bin/env python
# -*-coding:utf-8 -*-

1行目が、ファイル単体で実行するときに必要。
2行目が、日本語を使うのに必要。

ファイル単体で実行したい時、管理者権限変更(chmodコマンド使用)で実行を許可した状態で
./[FileName].py





Comments