研究室‎ > ‎卒業生のみなさまへ‎ > ‎真嘉比 愛‎ > ‎文献紹介‎ > ‎NLP2012‎ > ‎

説明生成に基づく談話構造解析の課題分析

非明示的な情報を手がかりとした,Implicitな談話関係の認識モデルを構築
 → 今回は2文間について扱う
 → 文間に接続表現がない場合について扱う(Implicit)

仮説推論:観測を含意する最良の仮説を背景知識を用いて求める論理的推論
 背景知識として4種類定義
 ・談話関係の成立条件を表す知識
 ・事象間の関係を表す知識
 ・関係間の関係を表す知識
 ・共参照の知識


仮説の推論に出てくる単語と文章との対応は
 → boxerというツールを使って自動的に行なっている
具体的にFramNetにどのような知識があって,それをどうカバーするのか
関係がFramNetに書いてあって,自動的に持ってこれる?
 → 全てが一対一で対応しているわけではないが,その中で正しい対応になっていると思うものを
文中のAlthoughはどう扱っている?
 → 今回は接続表現は隠して推論を行なっている
今回センター試験のデータを用いた理由は?
 → 人手で評価をしたかったが,専門知識が必要になるので,平易で正しい英語で書かれている英語としてセンター試験のデータを用いた
Comments