研究室‎ > ‎卒業生のみなさまへ‎ > ‎真嘉比 愛‎ > ‎文献紹介‎ > ‎NLP2012‎ > ‎

ラグランジュ緩和による複数文書要約の高速求解

冗長性制約付ナップサック問題に基づく要約モデル


実行可能解との差は(精度は)?
 → まだ調べてない
NP hardの問題に対するアプローチは多いが,この手法を選択した
 → 単純に詳しくないから.今後色々試したい
動的計画法の部分が要約長によるが,今回は何文に設定したのか
 → TSCに合わせた
Comments