オンラインジャッジ

 練習問題をWEBを通して提出すれば、合っているか間違っているか返してくれるシステムである。
 日本語のオンラインジャッジ(online Judge-OJ)というと、会津大学のOJシステムである。


 学生でなくても誰でも登録できるので、問題に挑戦してみよう。レベルはHello worldからパソコン甲子園、ICPCの問題まで様々、自分の腕に合わせて選べる。各問題毎に、計算に要した時間でランキングが表示されたり、何問解いたかのランキングもあったり。問題のレベルに関してはスレで聞いたら教えてくれるかもしれない。
 他の日本語のOJは、
  • AtCoder :参加したことがありませんが、いろいろなコンテストが開かれている。
  • Imo Judge : 使ったことありません。
また、英語のOJというと、Sphere Online Judge (SPOJ)が一番有名なOJだと思う。


 世の中に存在するありとあらゆる言語でチャレンジできるコンテストである。 CやJavaといったメジャーどころはもちろん、PythonやRubyといった軽量言語、LispやFORTRANなどのマニア向け言語、Brainf**kやWhitespaceなどのマジキチ言語まで手広くサポートしている。おかげで、誰でも得意な言語でチャレンジできるのが特徴である。問題も易難はばひろい。 提出したコードは実行時間とメモリ消費量(少ないほどよい)で評価され、規定以上の時間・メモリを消費すると不合格になる。Cでは簡単に解ける問題でも、Pythonだと頭を捻らなくてはいけなかったりして面白い。 たまに「Brainf**kでの提出のみ認める」とかいう問題もあるので、問題を解く前に対象言語は確認しておくこと。
 他には、

 今湯川研究室M2の一ノ瀬さんのお陰で開発されたKSLOというOJもある。残念ですが、学内しか使わなかった。
    問題は、一ノ瀬さんと武井先生に選ばれているので、ちょっとレベルが高いと思う。

Comments