相田 太一‎ > ‎B4英語ゼミ‎ > ‎

第9回(2019/06/05)

TED "Inside the mind of a monster procrastinator"を視聴

「楽で楽しいこと」と「理にかなっていること」が重なることがあるが、そうでない範囲が多い
楽で楽しいこと:猿や犬など、”進んでいない”文明
理にかなっていること:我々人間、”進んだ”文明

「楽で楽しいこと」 and not 「理にかなっていること」:”先延ばし魔”はここに大半の時間を費やす
「理にかなっていること」 and not 「楽で楽しいこと」:辛く苦しいこと

時間が迫ると、"panic monster"が目覚め、短期間で莫大な集中力を発揮する(しかない)。

先延ばし魔にも2つ存在する
  • 締め切りがあるもの:人の目につく、短期間だが滑稽
  • 締め切りがないもの:人の目につかず、長期的な不幸や後悔の原因
    • 後者の方が重大かもしれない。
先延ばし魔でない人なんていない。誰もが何かを先延ばしにしている。
残りの人生の時間を考えながら、進めると良い。
Comments