相田 太一‎ > ‎B3ゼミ‎ > ‎

第1回

吉澤「述語論理による推論の基礎」

・スコーレム化
1. p→q  
2. ドモルガンを
3. x1,x2で区別する
4. 存在記号の除去(存在は邪魔)
5. 冠頭形に直す(大きなゴール)。xは区別されているから分離しても良い。
6. 無理やり連合形に持っていく
7. ずるい変換を使う。
    ∀x(P(x)∧Q(x))
    ∀x1P(x1)∧∀x2Q(x2)
    ∀x1∀x2(P(x1)∧Q(x2))

・「否定して偽ならひっくり返して真」がベース
簡単なことしか推論できない?→実際問題は解けないかも…研究はあまりされていない。している人はしている。
オントロジーも述語論理が基になっている。
・nil:「矛盾、ない」
・||  ||(二重線):真理値を表す時に使う。一般的には三重線でtつける。


守谷「自然言語処理の概要・アルゴリズムの基礎」

・分割統治法:問題をうまく分割して解くやり方。
上下に分ける。分け方は?→わからない。
・貪欲法、分割統治法の得意分野は?
解を解く問題だと、貪欲法は点の数が増えると強い。


相田「形態素解析」

・未知語はどうする?
辞書に載っていないとできない?
・コストはどうやって与える?
答えがない。考える。


鈴木「深層学習を用いた自然言語処理」

・「買った」「購入した」は「捨てた」も同じ分類?
対義語への対処法もあるはず。
・バイアスbの決め方はわからない。各ニューロンごとに存在する。
・ニューロンの数に解析結果の良さは関係する?
基本的には中間層を増やす。数はわからないが、層を増やすと良くなる。
・分散表現で品詞はわかる?
品詞は考慮していない。あまり重要じゃない?品詞はそもそも要らないのでは?→何に使うか考える。
    ・今の品詞の枠組みが要らないのか?
    ・そもそも品詞が要らないのか?
・分散表現の単語ベクトルの次元は?
カウントベースは単語数だけある。
RGBみたいに決まった何かがある。
文書によって異なる。
Comments